霧積温泉(きりづみおんせん) (群馬県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


上信越高原国立公園の中の特別地域の一軒宿「霧積温泉 金湯館」に湧く温泉

霧積温泉(きりづみおんせん)は、群馬県安中市松井田町坂本(旧国上野国)にある温泉。

発見は江戸時代末期である。犬が発見したとされ、古くは犬の湯と呼ばれた。

1888年より温泉地としての開発が行われた。避暑地として栄え、西條八十以外にも幸田露伴、与謝野晶子らが訪れた。

その後の山津波により温泉地は壊滅し、2軒の旅館が残るのみとなり、2012年4月にきりずみ館が閉館し現在は金湯館のみ。
(参考:wiki)

霧積温泉の情報

温泉名 霧積温泉
きりづみおんせん
泉質 炭酸水素塩泉

カルシウム硫酸塩温泉

無色透明

温度 温泉 : 39度~ 40度
湧出量 300リットル/分

サイト内情報

閲覧回数 1233回
宿の数 2件
登録宿の平均点 4.57pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 48件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

霧積温泉 宿情報

■スポンサードリンク