養老牛温泉(ようろううしおんせん) (北海道 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


標津岳山麓に位置し、2016年に開湯100周年を迎える養老牛温泉

養老牛温泉(ようろううしおんせん)は、北海道標津郡中標津町にある温泉。渓流沿いに立地しており、川の流れを聞きながら入る露天風呂を設けている旅館が多い。

アイヌ語の「エ・オロ・ウシ」(頭=山鼻がいつも水についているもの)、または「イ・オロ・ウシ」(それをいつも水に漬けているもの)が由来とされている。後者だとすれば、近隣のアイヌ民族の女性が繊維を作るため、シナノキやイラクサの皮を温泉水に漬けて柔らかくしていたことにちなんだものだろう。

現在の正式な地名は「ようろううし」だが、地元周辺の人は「ようろうし」、「よろうし」等短縮して呼ぶ事もある。
(参考:wiki)

中標津町の奥座敷と呼ばれる温泉は、約300年も昔にアイヌの人々によって発見されたと言われている。温泉街には標津川が流れ、周囲の山々に春は桜、秋は紅葉が咲き乱れる花の名所でもある。シマフクロウが訪れる旅館などもあり、自然との一体感を楽しめる道東の秘湯だ。泉質は無色透明の食塩泉などで神経痛等によい。
(参考:じゃらん)

養老牛温泉の情報

温泉名 養老牛温泉
ようろううしおんせん
泉質 塩化物泉 硫酸塩泉

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

温度 高温泉 : 80度~
液性 中性 : ph 7.40~ 7.40

グループ

サイト内情報

閲覧回数 601回
宿の数 2件
登録宿の平均点 4.37pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 510件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

養老牛温泉 宿情報

■スポンサードリンク