小金湯温泉(こがねゆおんせん) (北海道 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


小金湯温泉

札幌市から南西に約30km、国道230号を1時間ほど走ると、近代的ホテルや風情ある旅館が渓谷の中にあらわれる。温泉名は慶応2(1866)年、修行僧の美山定山が源泉を発見した事が由来。札幌の奥座敷として人気が高く、札幌から日帰りで温泉を楽しむ人も多い。泉質はナトリウム塩化物泉、効能は神経痛、胃腸病など。
(参考:じゃらん)

小金湯温泉の情報

温泉名 小金湯温泉
こがねゆおんせん
泉質 硫黄泉

サイト内情報

閲覧回数 387回
宿の数 0件
登録宿の平均点 0.00pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 0件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

■スポンサードリンク