礼文うすゆきの湯(れぶんうすゆきのゆ) (北海道 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


礼文うすゆきの湯

日本最北の島、礼文島の温泉は2008年1月~の比較的新しい温泉。利尻礼文サロベツ国立公園に指定され、島内にはレブンアツモリソウなど、貴重な高山植物が低地で咲く事で「花の浮島」として有名。産業は漁業と観光が主で、礼文で獲れるエゾバフンウニや利尻昆布は国内でも評価は高い。
(参考:じゃらん)

礼文うすゆきの湯の情報

温泉名 礼文うすゆきの湯
れぶんうすゆきのゆ
泉質 塩化物泉 硫酸塩泉

サイト内情報

閲覧回数 456回
宿の数 0件
登録宿の平均点 0.00pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 0件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

■スポンサードリンク