和銅鉱泉(わどうこうせん) (埼玉県 秩父七湯)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


秩父七湯のうちで最も古い歴史を持ち、目薬や切傷に使用し特効したことから“薬師の湯”とも呼ばれる和銅鉱泉

古くは江戸時代より、湯治客や秩父札所巡りという、埼玉県秩父地方にある34か所の観音霊場を回る巡礼者で賑わいを見せていたこの土地。ここ秩父にはさまざまな温泉がある。秩父郡市には40箇所以上の宿が点在。87%の山々に囲まれた静かな環境で素朴な温泉湯浴みを楽しめる。
(参考:じゃらん)

和銅鉱泉の情報

温泉名 和銅鉱泉
わどうこうせん
泉質 単純温泉

弱アルカリ性低張性冷鉱泉(無色透明)

温度 冷鉱泉
液性 弱アルカリ性
浸透圧 低張性
透明

サイト内情報

閲覧回数 839回
宿の数 1件
登録宿の平均点 4.37pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 732件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

和銅鉱泉 宿情報

■スポンサードリンク