敦賀トンネル温泉(つるがとんねるおんせん) (福井県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


北陸トンネルから湧き出た敦賀トンネル温泉

敦賀トンネル温泉(つるがトンネルおんせん)は、福井県敦賀市にある温泉の名称である。
1957年に着工した北陸トンネルの掘削工事中、1960年に湧出した。北陸トンネルの工事が始まる以前は、北陸トンネルの真上に位置する新保地区において湧き出ていたが、工事後水脈が変わったことで枯れてしまい新保地区からは出なくなったと言われている。現在、温泉は敦賀市の管理下にある。
(参考:wiki)

北陸本線・北陸トンネルを掘ったときに湧き出た温泉。高台に位置していることから、湯船にひたりつつ日本三大松原や市街地港が一望できるのが魅力です。泉質は無色透明なアルカリ性単純温泉です。神経通・関節痛・慢性消化器病に効能があると言われています。
(参考:じゃらん)

敦賀トンネル温泉の情報

温泉名 敦賀トンネル温泉
つるがとんねるおんせん
泉質 単純温泉

アルカリ性単純温泉

温度 低温泉 : 26度~ 26度
液性 アルカリ性 : ph 9.60~ 9.90
湧出量 700リットル/分

サイト内情報

閲覧回数 706回
宿の数 1件
登録宿の平均点 2.89pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 175件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

敦賀トンネル温泉 宿情報

■スポンサードリンク