長野温泉(ながのおんせん) (大阪府 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


推古天皇の時代に湧出したと伝わる大自然に囲まれた長野温泉

長野温泉(ながのおんせん)は、大阪府河内長野市の石川沿いにある温泉。

長野温泉の源泉は石川と天見川が合流する地点(行者岩)付近であり、「噴出井戸」と呼ばれることもある。

この地域は古くから高野山参詣道である高野街道の宿場町として参詣者が来往しており、少なくとも平安時代にはその存在が確認されている。ただし、温泉が利用されるようになったのは江戸時代からとする説があるが、文献に残る限りでは極楽寺温泉として1906年(明治39年)に開業したのが始まりとされている[1]。

明治末期や昭和中期に石川沿いで温泉街が形成され観光客でにぎわったが、現在それらの温泉街は衰退し、温泉旅館としては「河内長野荘」が残るのみとなっている。日帰り温泉としては「風の湯」などが車での利便性が良い大阪外環状線沿いに開業するなどしている。
(参考:wiki)

推古天皇の時代に湧出したと伝えられる歴史ある温泉。神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消火器病、冷え性、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復などに効能あり。低張性・中性・冷鉱泉できりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性夫人病にも効能が認められる。
(参考:じゃらん)

長野温泉の情報

温泉名 長野温泉
ながのおんせん
泉質 塩化物泉

ナトリウム・マグネシウム塩化物泉

温度 冷鉱泉 : 17度~ 17度
源泉について 長野温泉

サイト内情報

閲覧回数 680回
宿の数 1件
登録宿の平均点 4.43pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 66件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

長野温泉 宿情報

■スポンサードリンク