関金温泉(せきがねおんせん) (鳥取県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


三朝温泉に次いで日本国内第2位のラドン放射能を有する関金温泉

倉吉市の北西、南西に蒜山を望むのどかな自然に囲まれた山間の出湯。関金町は鳥取と岡山を結ぶ作州街道沿いの宿場町として賑わったところで、約1200年前に行基が発見し、その後弘法大使が再興したと伝わる歴史の湯でもある。無色無臭の湯はその透明度から「白金の湯」と呼ばれ、肌を透き通るかの様にみせてくれる美人の湯としても有名。
(参考:じゃらん)

関金温泉の情報

温泉名 関金温泉
せきがねおんせん
泉質 放射能泉

単純放射能泉(低張性弱アルカリ性温泉)ラジウム温泉

温度 温泉
液性 弱アルカリ性
湧出量 337リットル/分
浸透圧 低張性

グループ

サイト内情報

閲覧回数 1222回
宿の数 3件
登録宿の平均点 4.02pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 59件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

関金温泉 宿情報

■スポンサードリンク