宮本武蔵温泉(みやもとむさしおんせん) (岡山県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


剣豪宮本武蔵の生誕地とされる美作市宮本に湧き出た宮本武蔵温泉

約1200年前に白鷺が傷を癒している所を円仁法師が見つけたとされる別名「鷺の湯」とも言われる古湯で、美作三湯の中でもっとも京阪神地区に近く、観光客の足が絶えることはない。泉質はナトリウム、カルシウム塩化物泉で消化器病や神経痛などに効能を発揮するほか、美肌造りの湯としても知られており女性に人気の温泉地だ。
(参考:じゃらん)

宮本武蔵温泉の情報

温泉名 宮本武蔵温泉
みやもとむさしおんせん
泉質 塩化物泉

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

温度 低温泉 : 27度~ 27度
液性 アルカリ性 : ph 8.60~ 8.60
浸透圧 低張性
源泉について 宮本武蔵温泉

サイト内情報

閲覧回数 939回
宿の数 1件
登録宿の平均点 4.10pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 10件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

宮本武蔵温泉 宿情報

■スポンサードリンク