長門湯本温泉(ながとゆもとおんせん) (山口県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


山口県ではもっとも古い歴史をもつ温泉 長門湯本温泉

温泉街の中央に音信川が流れ、街全体が深い緑に包まれて、昔ながらの温泉情緒が漂う。今も昔も湯治場として地元の人に愛されている。5月下旬から6月中旬ごろまでは、源氏ボタルを観賞できる。使用している泉源は4か所あり、泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛、皮膚病、胃腸病、リウマチなどに効能があるとされる。
(参考:じゃらん)

長門湯本温泉の情報

温泉名 長門湯本温泉
ながとゆもとおんせん
泉質 単純温泉

アルカリ性単純泉

温度 温泉
液性 アルカリ性

グループ

サイト内情報

閲覧回数 1047回
宿の数 11件
登録宿の平均点 4.13pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 2,438件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

長門湯本温泉 宿情報

■スポンサードリンク