椿温泉(つばきおんせん) (和歌山県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


いにしえより世界遺産・熊野古道「大辺路」を訪れた多くの旅人の疲れをを癒してきた良質な天然温泉 椿温泉

その昔、足を傷つけた一羽の白鷺が、椿の村に舞い降りた。やがて、白鷺の傷は回復したのか再び空へ・・。その跡にはほのかな湯煙が上がっていた。その地を「さぎの湯」と名づけ、利用し始めたのが、椿温泉の起源といわれている。湯はまったりふくよか、美人湯の化粧水いらずといえよう。又湯治場としても愛され続けている。
(参考:じゃらん)

椿温泉の情報

温泉名 椿温泉
つばきおんせん
泉質 硫黄泉
温度 冷鉱泉 : 31度~ 31度
液性 アルカリ性 : ph 9.90~ 9.90
湧出量 280リットル/分
浸透圧 低張性
源泉について 蓬莱湯

サイト内情報

閲覧回数 439回
宿の数 5件
登録宿の平均点 3.33pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 6件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

椿温泉 宿情報

■スポンサードリンク