貝掛温泉(かいかけおんせん) (新潟県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


江戸時代から日本でも数少ない「目の湯」としてその名を馳せてきた奥湯沢 貝掛温泉

貝掛温泉(かいかけおんせん)は、新潟県南魚沼郡湯沢町にある温泉。

泉温が約37°Cであり、ぬる湯として知られる。眼病に対する効能が高く、古くから「目の湯」と呼ばれてきた。冬の静かな山中での雪見露天風呂は非常に風情があり、露天風呂は源泉掛け流し風呂と加温した風呂がある。合計7つの湯舟に豪快に湯がそそがれている。

標高800mの山中に、日本秘湯を守る会の発足からの会員の一軒宿「貝掛温泉」が存在している。清津川と勝沢川に囲まれた場所で、貝掛橋を渡ると貝掛温泉と自然のみ。日本三大渓谷のひとつ「清津峡」は下流に位置する。
(参考:wiki)

越後湯沢より車で30分。清津川にかかる貝掛橋を渡って行く秘湯の一軒宿。眼病に効くと言われている名湯である。湯は源泉36.8℃と熱を加えた熱めの湯を楽しむことができ、高い天井と太い梁が趣き深い内風呂、庭園風で野趣あふれる露天風呂で温泉を堪能できる。
(参考:じゃらん)

貝掛温泉の情報

温泉名 貝掛温泉
かいかけおんせん
泉質 塩化物泉

ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉 (弱アルカリ性低張性温泉)

無色透明・まろやか

温度 温泉
液性 弱アルカリ性
浸透圧 低張性

グループ

サイト内情報

閲覧回数 277回
宿の数 1件
登録宿の平均点 4.50pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 172件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

貝掛温泉 宿情報

■スポンサードリンク