鳴子温泉(なるこおんせん) (宮城県 鳴子温泉郷)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


温泉郷の中心部。古くから“奥州三名湯”の一つに数えられています

5ヶ所の温泉地で最も大きく、近代的な宿泊施設や食事処、土産物店が賑やかな街並みを形成しています。「滝の湯」「早稲田桟敷湯」という2つの共同浴場は温泉街の“顔”です。(鳴子温泉郷観光協会公式サイトより)

日本国内にある11種の泉質のうち9種がここにあり、源泉数は370本以上ある。鳴子、東鳴子、川渡、中山平、鬼首の5つで構成されている温泉郷で全てのエリアを網羅した湯巡りチケットもある。昔から東北の湯治場としても有名で温泉の効能や泉質の良さには定評有り。春は新緑、秋は紅葉、冬はスキーも楽しめる。
(参考:じゃらん)

鳴子温泉の情報

温泉名 鳴子温泉
なるこおんせん
泉質 含鉄泉 塩化物泉 炭酸水素塩泉 硫酸塩泉 硫黄泉

サイト内情報

閲覧回数 458回
宿の数 17件
登録宿の平均点 4.07pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 4,577件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

鳴子温泉 宿情報

■スポンサードリンク