城崎温泉(きのさきおんせん) (兵庫県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


憧れの湯の街へ 外湯の「七湯巡り」ができる懐かしい風情が残る昔ながらの温泉街

城崎温泉(きのさきおんせん)は、兵庫県豊岡市城崎町(旧国但馬国、旧城崎郡城崎町)にある温泉。平安時代から知られている温泉で、1300年の歴史をもつ。江戸時代には「海内第一泉(かいだいだいいちせん)」と呼ばれていて、今もその碑が残る。

基本的に七湯ある外湯めぐりが主体の温泉。その筆頭である「一の湯」は江戸時代「新湯(あらゆ)」と呼ばれていたが、江戸時代中期の古方派(こほうは)の漢方医、香川修徳(香川修庵)が泉質を絶賛し、「海内一」(=日本一)の意味を込めて一の湯に改名した。また「さとの湯」は正式名称を「豊岡市立城崎温泉交流センター」といい、浴場施設及び研修室が指定管理者制度による公設民営、そのほかの施設が市営であり、施設内に豊岡市城崎総合支所温泉課がある。
(参考:wiki)

開湯1300年の歴史を持つ兵庫県随一の名湯地。石造りの太鼓橋がかかる小さな川と柳並木は城崎温泉の代表的な風景。温泉街には7軒もの外湯が点在し、展望露天風呂の「さとの湯」や岩窟風呂の「一の湯」等、それぞれ趣の違う温泉浴を楽しめる。この「外湯めぐり」は温泉街の旅館に泊まると無料になるしくみで、浴衣姿でのそぞろ歩きが楽しめる。
(参考:じゃらん)

城崎温泉の情報

温泉名 城崎温泉
きのさきおんせん
泉質 塩化物泉

ナトリウム・カルシウム-塩化物・高温泉

すべての源泉は1972年に作られた集中配湯管理施設に集められて、平均温度を57度に安定させてから町内に張り巡らされている配管を通じて、各外湯・旅館に送られている。

温度 高温泉 : 37度~ 83度

グループ

サイト内情報

閲覧回数 324回
宿の数 62件
登録宿の平均点 4.19pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 9,332件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

城崎温泉 宿情報

■スポンサードリンク