八幡平温泉郷(はちまんたいおんせんきょう) (岩手県 八幡平温泉郷)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


美しい稜線を見せる岩手山を南に、八幡平の山並みを北に望む高原の温泉 八幡平温泉郷

八幡平温泉郷(はちまんたいおんせんきょう)は、八幡平近辺にある温泉の総称(温泉郷)。厳密には、近隣の温泉が国民保養温泉地に指定された際の名称で、指定温泉地のみが該当する。しかし広義の温泉郷においては指定対象外の温泉もこれに含まれる。

温泉郷の成立は、昭和34年9月3日厚生省告示第256号による国民保養温泉地への指定である。秋田県の玉川温泉、後生掛温泉、蒸ノ湯温泉、大深温泉、大沼温泉、そして岩手県の藤七温泉を国民保養温泉地に指定する際に、八幡平周辺の温泉であることから八幡平を冠した温泉郷が名称として指定された。

その後、この名称が用いられるにつれ、銭川温泉、志張温泉、東トロコ温泉、新玉川温泉、東八幡平温泉なども温泉郷の一部として紹介されることが多くなった。
(参考:wiki)

八幡平温泉郷の情報

温泉名 八幡平温泉郷
はちまんたいおんせんきょう
泉質 単純温泉 硫黄泉
温度 高温泉
液性 弱酸性

サイト内情報

閲覧回数 553回
宿の数 11件
登録宿の平均点 4.30pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 557件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

八幡平温泉郷 に属する温泉

八幡平温泉郷 宿情報

■スポンサードリンク