毒沢鉱泉(どくさわこうせん) (長野県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


神秘のオレンジ色の鉱泉 毒沢鉱泉

毒沢鉱泉の歴史は古く450年前の永禄年間に武田信玄が金発掘の際、怪我人の治療に利用したと伝えられている。 昭和9年医薬に見放された幼少の先代館主が鉱泉によって救われて以来より一層評判が高まり 各地から湯治に訪れる人々でにぎわうようになった。 3年後の昭和12年には日本の自然鉱泉中の売薬許可第16569号 (現在では自然湧出物の許可制度は廃止されている)を受け その効能の確かさはゆるぎないものとなった。

(毒沢鉱泉神の湯HPより)

毒沢温泉(どくさわおんせん)は、長野県下諏訪町(旧国信濃国)にある温泉。源泉温度の低い鉱泉であることから、毒沢鉱泉とも呼ばれる。

源泉から取った湯の花は、古くは医薬品としても利用されていた。

開湯は約450年前とされる。戦国時代には武田信玄の隠し湯であったと言われる。

前述の医薬品であるが、1937年に売薬許可第16596号を得て、医薬品として販売していた。
(参考:wiki)

中山道と甲州街道が合流する温泉地として栄えた下諏訪宿。今でも宿場街の江戸情緒が香る。町内25ヶ所の源泉からは毎分6千リットルもの温泉が溢れ、10ヶ所もある公衆浴場はすっかり下諏訪の暮らしに溶け込んでいる。旅行客も気軽に湯めぐりを楽しむことができる。泉質は肌に優しい単純泉。
(参考:じゃらん)

毒沢鉱泉の情報

温泉名 毒沢鉱泉
どくさわこうせん
泉質 含アルミニウム泉 含鉄泉 硫酸塩泉

含鉄(II)-アルミニウム-硫酸塩泉(冷鉱泉)

温度 冷鉱泉 : 2度~ 2度
液性 酸性 : ph 2.53~ 2.53

サイト内情報

閲覧回数 809回
宿の数 2件
登録宿の平均点 4.40pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 19件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

毒沢鉱泉 宿情報

■スポンサードリンク