湯俣温泉(ゆまたおんせん) (長野県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


北アルプスのふところに抱かれた渓谷にある温泉小屋「湯俣温泉 晴嵐荘」に湧く温泉

湯俣温泉(ゆまたおんせん)は、長野県大町市平湯俣の高瀬渓谷にある温泉。山小屋の晴嵐荘(せいらんそう)がある。 また、現在は閉鎖されているが、晴嵐荘の対岸、高瀬ダムからの登山道沿いには、湯俣山荘がある。

湯俣とは、高瀬ダムの上流、ダム湖の先の高瀬川沿いで、槍ヶ岳北鎌尾根を水源とする水俣川と、硫黄岳や鷲羽岳方面を水源とする湯俣川の合流点である。 北鎌尾根や湯俣川方面の唯一の登山基地としての役割と共に、高瀬ダムの水源管理の一翼をも担っている。

湯俣は、その名の通り、温泉が湧き出る場所であり、河原を掘れば露天風呂を作ることができ、噴湯丘の場所には手作りの露天風呂があり、野湯を楽しめる。晴嵐荘の建つ河原の台地の近くには、機械掘りされた露天風呂が備えられており、入湯可能である。晴嵐荘には内湯もあり。
(参考:wiki)

高瀬川の上流に秘境の温泉として知られ、天然記念物の「噴湯丘」も。槍ヶ岳などへの登山基地としても有名。 なお、特定タクシーは4月下旬~11月初旬までです。
(参考:じゃらん)

湯俣温泉の情報

温泉名 湯俣温泉
ゆまたおんせん
泉質 硫黄泉

単純硫黄泉

温度 高温泉 : 55度~ 55度

タグ

サイト内情報

閲覧回数 302回
宿の数 0件
登録宿の平均点 0.00pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 0件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

■スポンサードリンク