肘折温泉(ひじおりおんせん) (山形県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


きっと好きになる 湯治場風情 山形県 大蔵村 肘折温泉

折温泉(ひじおりおんせん)は、山形県最上郡大蔵村(旧国出羽国、明治以降は羽前国)にある温泉。

「肘折カルデラ」と呼ばれる直径2kmのカルデラ(窪地)の東端に位置しており、カルデラの中心に位置する黄金温泉、最奥部の野湯である石抱温泉などとともに肘折温泉郷を形成している。温泉街の一角にある「小松渕」は、トロイデ型(鐘状)火山の噴火口が渕になったものである。肘折カルデラは、現在気象庁によって活火山に指定されており、肘折温泉郷全体が「肘折火山」のマグマ溜りの上に位置している。

日本有数の豪雪地帯としても有名であり、冬季の積雪量は4mを越える。ニュース番組の気象情報では、時々、当地の積雪量が全国ニュースで紹介される。
(参考:wiki)

肘折温泉の情報

温泉名 肘折温泉
ひじおりおんせん
泉質 塩化物泉 炭酸水素塩泉

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
湯の色:微かに黄色

温度 高温泉

タグ

グループ

サイト内情報

閲覧回数 397回
宿の数 17件
登録宿の平均点 4.35pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 942件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

肘折温泉 宿情報

■スポンサードリンク