小野川温泉(おのがわおんせん) (山形県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


小野小町ゆかりの温泉地 米沢市の奥座敷 小野川温泉

米沢の市街地からも近く、米沢の奥座敷と呼ばれている。

足湯、飲泉所近辺では、無料で利用可能な公衆無線LANもあり、その利用可能エリアは温泉街全体へ広がりつつある。

毎年6月から7月には温泉街でほたる祭りが開催され、大勢の人で賑わう。

温泉街には2つの共同浴場「尼湯」、「滝湯」が存在する。温泉街の外れのほたる公園には、有料の露天風呂(かつては無料だった)も存在する。
(参考:wiki)

約1200年前に小野小町が発見したといわれる歴史ある温泉。泉質は、高温の含硫黄(ナトリウム・カルシウム)塩化物泉。140~160万/CC以上のマイナスイオンが含まれる源泉は、日本では小野川温泉を入れても3ヶ所ぐらい。共同浴場「尼湯」と、滝清水の前に飲泉所があり、源泉を飲むこともできる。
(参考:じゃらん)

小野川温泉の情報

温泉名 小野川温泉
おのがわおんせん
泉質 塩化物泉 硫黄泉

含硫黄ナトリウムカルシウム塩化物温泉

温度 高温泉 : 36度~ 80度
液性 中性
湧出量 1,300リットル/分
源泉について 80.3度の高温泉井戸
35.6度の低温温泉井戸

タグ

サイト内情報

閲覧回数 283回
宿の数 13件
登録宿の平均点 4.24pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 989件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

小野川温泉 宿情報

■スポンサードリンク