会津芦ノ牧温泉(あいづあしのまきおんせん) (福島県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


会津若松市の南に位置する山と緑に囲まれ古くから皆様に親しまれてきた会津芦ノ牧温泉

芦ノ牧温泉(あしのまきおんせん)は、福島県会津若松市(旧国陸奥国、明治以降は岩代国)にある温泉。

阿賀川を見下ろす高台、国道118号が阿賀川を横断する辺りに温泉街が広がる。

旅館は14軒存在する。共同浴場などはなく、日帰り入浴は旅館の日帰り受付を利用することになる。

温泉街の中心部には足湯が存在する。また、子宝に恵まれるとされることから、金精様を祀った金精神社があり、その前にも足湯が存在する。

温泉街周辺の自然を楽しめる散策路も整備されている。
(参考:wiki)

江戸時代から続く歴史ある温泉で、脚気や眼病に効く湯治湯として知られていた。山間を縫うように悠々と流れる大川の渓谷沿いに点在する温泉はどこも湯量豊富で川のあちこちに湯が湧いているため、露天風呂にも恵まれており、四季折々の渓谷美を間近に堪能出来る。
(参考:じゃらん)

会津芦ノ牧温泉の情報

温泉名 会津芦ノ牧温泉
あいづあしのまきおんせん
泉質 単純温泉 塩化物泉

塩化物泉、単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)

温度 高温泉
液性 弱アルカリ性
浸透圧 低張性
源泉について 牧温泉総合泉

サイト内情報

閲覧回数 381回
宿の数 11件
登録宿の平均点 4.39pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 2,888件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

会津芦ノ牧温泉 宿情報

■スポンサードリンク