岩室温泉(いわむろおんせん) (新潟県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


別名「霊雁の湯」とも呼ばれる開湯300年を超える岩室温泉

岩室温泉(いわむろおんせん)は、新潟県新潟市西蒲区(旧国越後国)にある温泉。および町字。

開湯は江戸時代の中期で、慶長年間以前と言われる[3]。開湯伝説では雁が温泉で傷を癒しているところを発見したという。そのため、古くは「霊雁の湯」と呼ばれ、のちに弥彦神社参拝の宿場として栄えた。

当時の厚生省告示第203号により、1963年(昭和38年)4月23日付で弥彦温泉とともに国民保養温泉地に指定された。

かつての岩室村が2005年(平成17年)3月21日付で新潟市へ編入合併した際、岩室温泉が所在する「大字岩室」の全域を「岩室温泉」に改称する町名変更が実施された。
(参考:wiki)

新潟の奥座敷である岩室温泉は、江戸時代より北国街道の温泉地として栄えており、現在も効能豊かな温泉と情緒溢れる温泉街で、各旅館ごとに趣向を凝らし、昔ながらの人情のもてなしが受けられる。料理はもちろん日本海の幸がメイン。弥彦神社へは、車で5分。海水浴場へは、車で10分。
(参考:じゃらん)

岩室温泉の情報

温泉名 岩室温泉
いわむろおんせん
泉質 塩化物泉 硫黄泉

含硫黄・ナトリウム・カルシウム塩化物温泉(弱アルカリ性低張高温泉)

温度 高温泉 : 52度~ 52度
液性 弱アルカリ性
浸透圧 低張性

タグ

サイト内情報

閲覧回数 283回
宿の数 10件
登録宿の平均点 4.21pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 527件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

岩室温泉 宿情報

■スポンサードリンク