弥彦温泉(やひこおんせん) (新潟県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


越後一の宮であり格式と長い歴史を持つ弥彦神社の門前に広がる温泉地

弥彦温泉(やひこおんせん)は、新潟県西蒲原郡弥彦村(旧国越後国)にある温泉。

弥彦山の東、弥彦神社の門前に温泉街が広がる。旅館、ホテルは18軒存在する。

弥彦神社もあることから、飲食店や土産物屋が温泉街には多く存在する。

共同浴場は1軒存在する。「高齢者総合生活支援センター」である。競輪事業の収益金で作られた。但し、温泉街からは2kmほど離れたところにあり、源泉も異なる。(泉質:硫黄泉。源泉温度43℃)
ただし、この施設は2006年秋以降、地元住民専用の福祉施設となり、村民以外は利用できない(いわゆるジモ専化)。

日帰り入浴施設は2軒存在し、温泉街にあるホテルに備えられた施設と、前述の「高齢者総合生活支援センター」の源泉を引き湯して利用している施設がある。

観音寺温泉より引湯している宿もあったが、東日本大震災の影響で水位が低下したため、2016年現在観音寺温泉は利用されていない。
(参考:wiki)

古くから神の山として信仰された弥彦山。山麓の弥彦神社の参拝客を泊める宿場街として古くから栄えた温泉街で、弥彦山東麓に湧き、山頂からは佐渡島など雄大な眺望が見られる。歴史も古く、1千年もの昔から、旅の疲れをいやせる名湯として人々に愛され、守られてきた湯だ。お料理は日本海の幸がメイン。
(参考:じゃらん)

弥彦温泉の情報

温泉名 弥彦温泉
やひこおんせん
泉質 単純温泉 塩化物泉

アルカリ性単純温泉(弥彦湯神社温泉)
ナトリウム-カルシウム-塩化物泉(桜井郷温泉)
含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(観音寺温泉)

温度 高温泉
液性 アルカリ性
湧出量 570リットル/分(弥彦湯神社温泉)
源泉について 弥彦湯神社温泉
桜井郷温泉
観音寺温泉(東日本大震災の影響で源泉水位が低下したため、現在、温泉水の供給が停止しています。)

サイト内情報

閲覧回数 243回
宿の数 10件
登録宿の平均点 3.99pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 831件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

弥彦温泉 宿情報

■スポンサードリンク