鹿教湯温泉(かけゆおんせん) (長野県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


『名湯百選』 第一号認定の温泉地、優しいお湯の鹿教湯温泉

鹿教湯温泉(かけゆおんせん)は、長野県上田市(旧丸子町、旧西内村、旧国信濃国)にある温泉。

鹿に姿を変えた文殊菩薩が、信仰心の厚い猟師に温泉の場所を教えた、という開湯伝説がある。温泉名もこれに因み、鹿が教えた湯すなわち鹿教湯という。

温泉地にある文殊堂には、行基が彫った文殊菩薩像が安置してあり「日本三大文殊」の一つとされる。行基の弟子の円行がこの地に持ってきた時には既に温泉は湧いており、約1200年前には開湯していたとされる。

温泉の効能から、古くから湯治場として栄え、江戸時代には上野国新田郡の代官が湯治に訪れた記録などが残っている。
(参考:wiki)

その昔、鹿に変身した文殊菩薩が、日頃、信仰浅からぬ1人の猟師に、効能あらたかな出で湯の存在を教えたと伝えられている。江戸時代から湯治場として栄えた日本で有数の健康保養温泉。町にはクアハウスや温泉センターなど、 保養・湯治を目的とした施設が多数あり。また温泉は飲用も可能で、整腸作用に優れている。
(参考:じゃらん)

鹿教湯温泉の情報

温泉名 鹿教湯温泉
かけゆおんせん
泉質 単純温泉

単純温泉 (弱アルカリ性低張性高温泉)

温度 高温泉 : 46度~ 46度
液性 弱アルカリ性
浸透圧 低張性
透明

グループ

サイト内情報

閲覧回数 298回
宿の数 18件
登録宿の平均点 4.07pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 1,031件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

鹿教湯温泉 宿情報

■スポンサードリンク