大町温泉郷(おおまちおんせんきょう) (長野県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


高瀬渓谷にある葛温泉から引湯 自然の恵みにあふれた大町温泉郷

大町温泉郷(おおまちおんせんきょう)は、長野県大町市にある鹿島川河岸の温泉。温泉郷を名乗るが、複合的な名称ではなく、単一の温泉地である。

高瀬川の渓谷にある葛温泉からの引湯で、計画的に作られた温泉地である。

大町市街北西5㎞、鹿島川上流の河岸に位置する。シラカバ、カラマツ林に囲まれながら、20軒前後のホテル、旅館、民宿が整然と並ぶ。その光景はさながら別荘地を彷彿させるものであり、総面積は約40ヘクタールに及ぶ。黒部立山アルペンルート探勝の玄関口として発展し、温泉街にもアルプス温泉博物館、酒の博物館などの観光施設がある。
(参考:wiki)

鹿島槍ヶ岳や爺ヶ岳の雪解け水が流れる清流鹿島川のほとりにあり、黒部ダムに通じるアルペンライン沿いにある温泉地。葛温泉からの引湯で昭和39年に誕生し、泉質は単純硫黄泉。春は大山桜、夏は川遊び、秋は三段紅葉、冬はスキーと1年中楽しめる。温泉博物館や立ち寄り湯もあり。
(参考:じゃらん)

大町温泉郷の情報

温泉名 大町温泉郷
おおまちおんせんきょう
泉質 単純温泉

単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)

温度 高温泉 : 66度~ 66度
液性 弱アルカリ性
浸透圧 低張性
源泉について 高瀬の湯、湯元1号、平成の湯、新第2源泉

サイト内情報

閲覧回数 289回
宿の数 13件
登録宿の平均点 3.85pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 3,090件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

大町温泉郷 宿情報

■スポンサードリンク