明礬温泉(みょうばんおんせん) (大分県 別府八湯)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


重要無形民俗文化財「別府の湯の花」を製造する湯の花小屋で有名な明礬温泉

明礬(みょうばん)温泉は、別府市街から少し離れた伽藍岳の中腹標高400mの所にある地熱地帯で、その名の通り江戸時代から明礬(湯の花)が採取されてきた山の温泉街。急傾斜の地熱地帯に別府石の石垣が築かれ湯の花小屋が建ち並び湯けむりの立ち込める明礬温泉の景観は、別府の湯けむり・温泉地景観として国の重要文化的景観に選定されている。湯の花の採取施設である湯の花小屋は、一部見学が可能である。泉質は、酸性硫化水素泉、緑ばん泉で神経痛・リューマチ・皮膚病に効能があり、別府市営温泉「鶴寿泉」がある。コロイド硫黄を含んで白濁した温泉が多いが、別府温泉保養ランドでは美肌効果の高い『ドロ湯』が味わえる。

別府明礬温泉の湯の花製造技術は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。
(参考:wiki)

豊富な湧出量を誇る日本有数の温泉地。別府温泉をはじめ、浜脇、観海寺、堀田、明礬、鉄輪、柴石、亀川の8つの温泉地からなる「別府八湯」は、それぞれ泉質が異なりいろんな温泉を楽しむことができる。近郊には阿蘇くじゅう国立公園が広がりミヤマキリシマの名所鶴見岳や志高湖など自然の見どころも多い。
(参考:じゃらん)

明礬温泉の情報

温泉名 明礬温泉
みょうばんおんせん
泉質 含鉄泉 炭酸水素塩泉 硫黄泉

カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・硫黄泉・炭酸水素塩泉

温度 高温泉

グループ

サイト内情報

閲覧回数 438回
宿の数 5件
登録宿の平均点 4.28pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 467件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

明礬温泉 宿情報

■スポンサードリンク