牧ノ戸温泉(まきのとおんせん) (大分県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


野生の猿が入浴する天然の泥湯だったことから、以前は「猿渡温泉」と呼ばれていた牧ノ戸温泉

やまなみハイウェイ沿いに長者原温泉、星生温泉、寒の地獄温泉、馬子草温泉など多種多様な温泉が点在しています。また筌の口温泉や紅葉で有名な九酔渓温泉もあり、効能豊かな温泉を楽しめます。ラムサール条約登録のタデ原湿原や、6月見頃を迎えるミヤマキリシマ、秋の紅葉など豊かな自然を楽しむことができます。
(参考:じゃらん)

牧ノ戸温泉の情報

温泉名 牧ノ戸温泉
まきのとおんせん
泉質 硫黄泉

単純硫黄泉

温度 高温泉 : 64度~ 64度
透明

サイト内情報

閲覧回数 302回
宿の数 1件
登録宿の平均点 4.18pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 95件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

牧ノ戸温泉 宿情報

■スポンサードリンク