白馬八方温泉(はくばはっぽうおんせん) (長野県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


つるつるたまご肌 pH11を超える日本屈指の強アルカリ温泉 白馬八方温泉

白馬八方温泉は、長野県白馬村の西部、八方尾根の麓に位置する温泉地で、北アルプスの白馬槍ヶ岳(2,903m)直下、南俣川右岸に泉源があります
源泉は、1号井と3号井を混合し、5カ所の日帰り入浴施設、約75軒の宿泊施設、3カ所の足湯にお湯を供給しています。
このうち八方の湯の露天風呂及びおびなたの湯のつぼ湯は、溶存水素濃度が基準値を超えており、天然水素泉としてご堪能いただけます。

(白馬八方温泉HPより)

白馬八方温泉(はくばはっぽうおんせん)は、長野県北安曇郡白馬村にある温泉。

アルカリ度の高さで有名で、従来より公称されているpH11.3は都幾川温泉や飯山温泉と並ぶ高さである。また、2006年(平成18年)の分析ではpH値は11.5とさらに上がっており、これは前述の温泉地2か所よりも高い数値(日本一)である。
(参考:wiki)

白馬八方温泉の情報

温泉名 白馬八方温泉
はくばはっぽうおんせん
泉質 単純温泉

アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)

温度 高温泉 : 50度~ 50度
液性 強アルカリ性 : ph 11.20~ 11.60
浸透圧 低張性
源泉について 白馬八方温泉第1号泉
白馬八方温泉第3号泉

サイト内情報

閲覧回数 327回
宿の数 22件
登録宿の平均点 3.79pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 909件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

ニュース

検索

白馬八方温泉 宿情報

■スポンサードリンク