霧島神宮温泉(きりしまじんぐうおん) (鹿児島県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


霧島神宮を中心とする広いエリアに広がる硫黄の温泉

霧島神宮温泉(きりしまじんぐうおんせん)は、鹿児島県霧島市(旧国大隅国)の霧島神宮周辺にある温泉地。

霧島神宮を中心として、霧島山新燃岳中腹から霧島川に沿って霧島神宮駅に至る南北約8kmの範囲に、旅館およびリゾート、遊戯などの温泉施設が点在している。

昭和初期、東襲山村(その後の霧島町)において霧島神宮への参詣客のために温泉を望む声があり、神宮から約5km離れた霧島山新燃岳中腹にある湯之野温泉から引湯することによって実現した。但し、湯之野温泉は噴気が盛んな温泉ではあるが、もともと住民のための小さな浴場があったのみで現在はなくなっており、泉源のみ霧島神宮温泉によって利用されている。

昭和34年5月4日、霧島温泉郷とともに国民保養温泉地に指定された。

1961年(昭和36年)に新たな温泉源の掘削に成功し98℃の温泉が得られてから開発が進んだ。
(参考:wiki)

複合火山帯の霧島山系には数多くの温泉が湧出し、九州有数の温泉地。 11種類の温泉とそれらを引く約24軒の宿が点在し、泉質はそれぞれ違い、宿や温泉の雰囲気もバラエティ豊かだ。豊かな自然に囲まれ、四季折々の花が咲き、レジャー施設も充実。絶好のドライブスポットになっている。
(参考:じゃらん)

霧島神宮温泉の情報

温泉名 霧島神宮温泉
きりしまじんぐうおん
泉質 単純温泉 硫黄泉
温度 高温泉

サイト内情報

閲覧回数 262回
宿の数 11件
登録宿の平均点 3.96pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 768件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

霧島神宮温泉 宿情報

■スポンサードリンク