穂高温泉郷(ほたかおんせんきょう) (長野県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


燕岳の麓、中房渓谷・有明温泉からの引き湯、安曇野山麓に広がる穂高温泉郷

穂高温泉(ほたかおんせん)は、長野県安曇野市(旧南安曇郡穂高町、旧国信濃国)にある温泉。安曇野穂高温泉郷ともいう。大型ホテル1軒、旅館は約40軒。源泉は中房温泉から引湯。
中房渓谷の源泉は高温(90℃以上)であるが、引っ張ってきた頃にちょうどいい温度(45〜50℃)になるため、加温をしていない宿も多い。

安曇野市穂高有明地区の山麓線沿い、常念岳山麓の林の中に旅館が点在している。中房渓谷の温泉を引いた1軒のホテルは中腹にある。 日帰り入浴施設(専用)は1軒、「温泉健康館」であるが、安曇野市営の「しゃくなげ荘」を初め、その他旅館も多くが日帰り入浴を受け付けている。温泉街には「八面大王足湯」という名前の足湯もあり、八面大王碑の下で足湯に浸かることができる。

また、常念岳中腹には国営アルプスあづみの公園やアートヒルズがあり、穂高駅周辺には碌山美術館や井口喜源治記念館などの博物館施設がある。
(参考:wiki)

北アルプスの麓に広がる安曇野・穂高町。牧歌的な風景が魅力で、美術館やガラス工房が点在する。わさびやりんご、そばが名産。昭和47年に中房温泉から引湯されて温泉郷が誕生。源泉が90℃以上もあるので、引湯ではあるが加温しなくてもそのまま入れる。泉質は単純硫黄泉。
(参考:じゃらん)

穂高温泉郷の情報

温泉名 穂高温泉郷
ほたかおんせんきょう
泉質 単純温泉

アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)

温度 高温泉 : 69度~ 69度
液性 アルカリ性 : ph 8.60~ 8.60
浸透圧 低張性
源泉について 有明厚生温泉源泉と国民宿舎有明荘源泉の混合泉

タグ

サイト内情報

閲覧回数 486回
宿の数 14件
登録宿の平均点 4.06pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 2,241件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

穂高温泉郷 宿情報

■スポンサードリンク