日当山温泉(ひなたやまおんせん) (鹿児島県 新川渓谷温泉郷)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


天降川をはさんで両岸に広がる西郷隆盛も好んだ日当山温泉

日当山温泉(ひなたやまおんせん)は、日本の温泉群。

鹿児島県霧島市の国分平野北西部から中部(旧大隅国)にかけて散在する温泉群の総称で、隼人温泉とも呼ばれる。狭義では隼人町東郷から隼人町内にかけての天降川と国道223号に挟まれた南北約500mの区域にある温泉街を指すが、広義では姫城温泉、国分温泉などの温泉群を含めることもある。鹿児島県内最古のいで湯で、西郷隆盛が頻繁に訪れた温泉として知られる。
(参考:wiki)

複合火山帯の霧島山系には数多くの温泉が湧出し、九州有数の温泉地。 11種類の温泉とそれらを引く約24軒の宿が点在し、泉質はそれぞれ違い、宿や温泉の雰囲気もバラエティ豊かだ。豊かな自然に囲まれ、四季折々の花が咲き、レジャー施設も充実。絶好のドライブスポットになっている。
(参考:じゃらん)

日当山温泉の情報

温泉名 日当山温泉
ひなたやまおんせん
泉質 炭酸水素塩泉

ナトリウム炭酸水素塩泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)

温度 高温泉
液性 弱アルカリ性
浸透圧 低張性

サイト内情報

閲覧回数 342回
宿の数 5件
登録宿の平均点 4.21pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 668件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

日当山温泉 宿情報

■スポンサードリンク