那須湯本温泉(なすゆもとおんせん) (栃木県 那須温泉郷)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


那須温泉郷の中でも最も古い歴史を持つ那須湯本温泉

九尾の狐伝説で有名な殺生石近くにある温泉街。那須温泉郷で最も古く、温泉神社を中心に温泉街を形成している。

旧来の那須湯本温泉街より少し下った位置に点在するホテルなどは「新那須温泉」と分けて呼称することもある。

開湯伝説によれば、鹿が温泉で傷を癒しているところを発見したとされ、共同浴場の名前にその由来が残る。 江戸時代は黒羽藩が管理し、また松尾芭蕉も奥の細道の途中で那須湯本温泉に宿泊している。

(参考:wiki)

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
(参考:じゃらん)

那須湯本温泉の情報

温泉名 那須湯本温泉
なすゆもとおんせん
泉質 含鉄泉 塩化物泉 硫酸塩泉 硫黄泉

含硫黄・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉(酸性硫黄泉)

温度 高温泉
液性 酸性

タグ

サイト内情報

閲覧回数 472回
宿の数 16件
登録宿の平均点 4.23pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 3,770件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

那須湯本温泉 宿情報

■スポンサードリンク