天城湯ヶ島温泉(あまぎゆがしまおんせん) (静岡県 天城温泉郷)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


美しい渓流沿いにある情措漂う温泉地 天城湯ヶ島温泉

湯ヶ島温泉(ゆがしまおんせん)は、伊豆半島のほぼ中央、静岡県伊豆市(旧国伊豆国)の天城山中にある温泉。

歴史の古い温泉で、明治以後も多くの文人が訪れ、川端康成が『伊豆の踊子』を執筆したのは旅館「湯本館」。その部屋は今でも残されている。川端康成はこの地を愛し、長逗留して執筆活動を行った。井上靖の『しろばんば』、若山牧水の『山桜の歌』などの舞台となったことでも知られる。
(参考:wiki)

それぞれ違う効能豊かな7つの温泉が楽しめる天城温泉郷。いずれも雄大な天城の山々から流れる清流脇に沸き出でいる。多くの文人墨客に愛され、至る所に文学碑や、自然を愛でながら散策できる湯道などがあり、ひと味違った伊豆が満喫できる。
(参考:じゃらん)

天城湯ヶ島温泉の情報

温泉名 天城湯ヶ島温泉
あまぎゆがしまおんせん
泉質 単純温泉 硫酸塩泉

カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉

温度 高温泉

サイト内情報

閲覧回数 372回
宿の数 8件
登録宿の平均点 4.36pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 1,106件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

天城湯ヶ島温泉 宿情報

■スポンサードリンク