新平湯温泉(しんひらゆおんせん) (岐阜県 奥飛騨温泉郷)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


奥飛騨名水「たるま水」とたるま姫伝説が残る「縁結びの地」として知られる新平湯温泉

新平湯温泉(しんひらゆおんせん)は、岐阜県高山市(旧国飛騨国)奥飛騨温泉郷にある温泉。
開湯時期は不明。嘗ては一重ヶ根温泉と呼ばれ、開湯伝説では、長旅で疲れた出雲の民が、名水「垂間水」(たるまみず)近くで蜻蛉神(とんぼの神、またはあきつの神)に温泉を教えられて入浴した、とされている。
(参考:wiki)

奥飛騨温泉郷の中心に位置し、観光の拠点に便利。小規模な民宿から大規模な宿までそろっているので、目的や好みに合わせて宿選びができるのも魅力。飛騨の味が楽しめる飲食店や土産物屋もある。温水プールや露天風呂もある本格的なクア施設「ヘルシーランド奥飛騨」は地元の人達にも人気のスポットだ。
(参考:じゃらん)

新平湯温泉の情報

温泉名 新平湯温泉
しんひらゆおんせん
泉質 単純温泉 炭酸水素塩泉 硫黄泉

単純温泉
炭酸水素塩泉
硫黄泉

タグ

サイト内情報

閲覧回数 299回
宿の数 31件
登録宿の平均点 4.37pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 2,970件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

新平湯温泉 宿情報

■スポンサードリンク