湯村温泉(ゆむらおんせん) (兵庫県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


岸田川の支流、春来川のほとりに湧く日本屈指の高熱温泉である「湯村温泉」

兵庫県と鳥取県との県境近くの春木川沿いに湧く城崎温泉とも並ぶ山陰の名湯。発見は嘉承元年(848)慈覚大師によるものと伝わる古湯でもあり、最近では夢千代の湯としても有名。中心の荒湯源泉では98度の高温の湯が毎分470Lも湧出し、この豊富な高温の湯をつかった温泉卵や足湯などが楽しめる。
(参考:じゃらん)

湯村温泉の情報

温泉名 湯村温泉
ゆむらおんせん
泉質 炭酸水素塩泉

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸泉(低張性、弱アルカリ性高温泉)

温度 高温泉 : 98度~ 98度
液性 弱アルカリ性
湧出量 470リットル/分
浸透圧 低張性

グループ

サイト内情報

閲覧回数 246回
宿の数 13件
登録宿の平均点 4.24pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 2,481件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

湯村温泉 宿情報

■スポンサードリンク