湯川温泉(ゆがわおんせん) (岩手県 湯田温泉峡)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


昔から湯治場として賑わい、出途の湯、中の湯、奥の湯と3つの湯から成り立つ湯川温泉

国道107号から岩手県道215号湯川温泉線を南下した終点にある。峡内の南側の中心地的温泉であり、湯本温泉に次ぐ規模である。古くから湯治場であった。現在もメインは湯治場でありその雰囲気を残す。
(参考:wiki)

湯田町一帯に点在する湯本・湯川・巣郷・湯田薬師などの温泉の総称である湯田温泉郷は、周辺が岩手県立自然公園であり錦秋湖を中心に四季折々の美しい自然を楽しめる。その玄関口になるのは、全国的にも珍しい温泉付きの駅「JRほっとゆだ駅」だ。旅の途中、列車の待ち時間に「ちょっと、ひと風呂」できる気軽さが楽しい。
(参考:じゃらん)

湯川温泉の情報

温泉名 湯川温泉
ゆがわおんせん
泉質 硫酸塩泉

ナトリウム、塩化物、硫酸塩泉
ナトリウム塩化物・低帳性弱アルカリ性高温泉

温度 高温泉
液性 弱アルカリ性
浸透圧 低張性
透明

サイト内情報

閲覧回数 293回
宿の数 10件
登録宿の平均点 4.36pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 385件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

湯川温泉 宿情報

■スポンサードリンク