皆生温泉(かいけおんせん) (鳥取県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


山陰地方最大級 日本海に面した海辺の温泉郷 皆生温泉

城下町米子の郊外、美保湾を臨む白砂青松の浜が美しい山陰の代表的な温泉。明治期に地元漁師が海中に湧いている湯を発見し「泡の湯」と名付けたのが始まり。大正期になって開発が進められ、昭和期に現在のような大温泉地に発展した。泉温85度、毎分3800Lもの豊富な湯量を誇り、米子の奥座敷とも言われる。日本のトライアスロンもこの地が発祥。
(参考:じゃらん)

皆生温泉の情報

温泉名 皆生温泉
かいけおんせん
泉質 塩化物泉

ナトリウム・カルシウム塩化物泉

温度 高温泉 : 63度~ 83度
湧出量 4456.5リットル/分

サイト内情報

閲覧回数 460回
宿の数 26件
登録宿の平均点 4.19pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 9,577件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

皆生温泉 宿情報

■スポンサードリンク