石和温泉郷(いさわおんせんきょう) (山梨県 石和温泉郷)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


首都圏に近い石和温泉郷は、湯の国・山梨で最大規模を誇り全国でも屈指の温泉郷

首都圏に近い石和温泉郷は、湯の国・山梨で最大規模を誇り全国でも屈指の温泉郷です。『新日本観光地』で全国三位に入り、山梨を訪れる観光客に親しまれています。

石和温泉郷(いさわおんせんきょう)は、山梨県笛吹市(旧国甲斐国)の石和地域および春日居地域に位置する3つの温泉の総称(温泉郷)である。

石和温泉郷で最初に開湯したのは日の出温泉で、1909年(明治42年)まで遡る。既に中央本線が開通し、石和駅(現在の石和温泉駅)も開業していたが、日の出温泉は一軒宿と規模が小さく、知られざる存在であった。

転機が訪れたのは高度成長時代の1961年(昭和36年)で、駅南側で温泉を掘削した所突如として大量の温泉が噴出し、「青空温泉」としてマスメディアに紹介されたことで一気に知名度が向上する。その後石和地区、さらには春日居地区でも掘削が始まり、1964年(昭和39年)には春日居地区でも大量の温泉が湧き出るようになる。これを機に石和・春日居地区とも温泉街が作られ、それまで信玄の隠し湯として知られていた甲府市の湯村温泉を凌ぐ山梨県最大規模の温泉郷となり、現在に至る。
(参考:wiki)

石和温泉郷の情報

温泉名 石和温泉郷
いさわおんせんきょう
泉質

サイト内情報

閲覧回数 265回
宿の数 3件
登録宿の平均点 4.19pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 627件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

石和温泉郷 に属する温泉

■スポンサードリンク