磐梯熱海温泉(ばんだいあたみおんせん) (福島県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


自然郷とスポーツ施設とやさしさを備えた スポーツ温泉タウン構想 磐梯熱海温泉

開湯は800年前である伝えられる。熱海という地名は、奥州合戦の後にこの地の領主になった、源頼朝の家臣伊東祐長の出身地である伊豆にある、熱海温泉に由来する。

南北朝時代から室町時代初期の頃、公家の娘萩姫が不治の病にかかり、夢枕に立った不動明王から、都から東北方面に行き、500本目の川岸に霊泉があるというお告げを受けた。これに従って当温泉に辿り着いた萩姫は、湯治して全快したと伝えられる。温泉街を流れる五百川は、この伝説が名称の由来となっている。
(参考:wiki)

南北朝時代、京の公家の娘・萩姫が不治の病を治したという事で伝説がある温泉。福島県の中心に位置し、アクセスも便利なことから人気が高く、五百川の流れに沿って旅館が建ち並ぶ。泉質はアルカリ性単純泉と単純硫化水素泉の2種であつ湯とぬる湯と呼ばれている。
(参考:じゃらん)

磐梯熱海温泉の情報

温泉名 磐梯熱海温泉
ばんだいあたみおんせん
泉質 硫黄泉

アルカリ性単純泉
単純泉
単純硫化水素泉
月岡温泉、いわき湯本温泉とともに「磐越三美人湯」に数えられている。

温度 高温泉 : 53度~ 53度
液性 アルカリ性 : ph 9.10~ 9.10
透明
源泉について 郡山市営第1号泉、第4号泉、第7号泉統合泉

タグ

グループ

サイト内情報

閲覧回数 442回
宿の数 19件
登録宿の平均点 4.14pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 1,955件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

磐梯熱海温泉 宿情報

■スポンサードリンク