湯村温泉(ゆむらおんせん) (山梨県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


信玄公、昭和の文豪が愛した厄除けの名湯 湯村温泉

古くは弘法大師の開湯伝説や武田信玄公の隠し湯として知られ、泉質はナトリウム-塩化物泉でお湯がやわらかく入り心地が良い。肌がすべすべになり湯ざめがしにくいと言われている。湯村温泉郷には厄除け地蔵の塩澤寺があり毎年2月13日にはお祭りが開催される全国から観光客が集まる。
(参考:じゃらん)

湯村温泉の情報

温泉名 湯村温泉
ゆむらおんせん
泉質 単純温泉 硫酸塩泉 硫黄泉

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
ナトリウム-塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

温度 高温泉
平均温度40.8
液性 弱アルカリ性 アルカリ性 強アルカリ性 : ph 7.50~
PH平均8.4
湧出量 830リットル/分
浸透圧 低張性
源泉について 8か所

サイト内情報

閲覧回数 270回
宿の数 7件
登録宿の平均点 4.15pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 2,706件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

湯村温泉 宿情報

■スポンサードリンク