高湯温泉(たかゆおんせん) (福島県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


奥州三高湯に数えられる名湯、福島県高湯温泉

福島市郊外西部(吾妻地域)の吾妻山連峰の中腹に位置する温泉街。400年以上の歴史を有し、薬効成分が高い全国有数の高濃度硫黄泉かけ流し湯が楽しめる場所として有名である。

福島の観光名勝で国立公園にも指定を受けている浄土平および吾妻小富士へ通ずる観光道路磐梯吾妻スカイライン入口に温泉街が所在している。そのため山岳観光を楽しむ前後、気軽に立ち寄れる癒しスポットとして重宝されている。高湯温泉郷には10軒の旅館が点在し、温泉街の脇には阿武隈川支流の須川が流れている。山形の白布温泉や蔵王温泉と並んで奥羽三高湯と称される。
(参考:wiki)

◇特色:泉質は酸性・含硫黄(硫黄泉) <温度>42℃~51℃ 《 効 用 》にきび、しもやけ、やけど、きりきず、婦人病、不妊症、水虫、あせも、胃腸病、アトピー性皮膚炎等。高湯では、自然湧出の源泉が10ヶ所ほどあり、各旅館では落差により引き湯し、そのまま湯船より溢れさせている、掛け流し方式。
(参考:じゃらん)

高湯温泉の情報

温泉名 高湯温泉
たかゆおんせん
泉質 硫黄泉

酸性・含硫黄(硫化水素型)-アルミニウム・カルシウム硫酸塩温泉(硫黄泉)(低張性-酸性-高温泉)

温度 高温泉 : 42度~ 51度
液性 酸性
湧出量 3,258リットル/分
浸透圧 低張性
源泉について 高湯5番
高湯10番
高湯16番
高湯26番
高湯42番
湯花沢1番
湯花沢3番
湯花沢5番
湯花沢6番

タグ

グループ

サイト内情報

閲覧回数 308回
宿の数 4件
登録宿の平均点 4.30pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 531件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

高湯温泉 宿情報

■スポンサードリンク