日光湯元温泉(にっこうゆもとおんせん) (栃木県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


国民保養温泉地第一号指定の日光湯元温泉

日光湯元温泉(にっこうゆもとおんせん)は、栃木県日光市[1]奥日光の湯ノ湖畔、金精峠の麓にある温泉。

788年(延暦7年)、四本龍寺(紫雲立寺)を建立した勝道によって発見されたのが発端という。冬の寒さが厳しいため、昭和の初期までは主に夏だけの湯治場だった。
江戸時代文政年間に成立した「日光山志」(植田孟縉著)では日光湯元温泉を中禅寺温泉八湯(ちゅうぜんじおんせん はちゆ)と記しており、明治期に編纂され刊行された「古事類苑」ではこの書を引用し日光温泉(にっこうおんせん)としている。
(参考:wiki)

日光の最奥地、湯の湖岸の国民保養温泉地としての指定されている。自然が豊富で静かな温泉地として情緒的、湯の湖では、ヒメマスや岩魚釣りが楽しめ、スキー場やハイキングコース、アウトドアの施設もある。豊富な硫黄泉は美人の湯として人気。
(参考:じゃらん)

日光湯元温泉の情報

温泉名 日光湯元温泉
にっこうゆもとおんせん
泉質 硫黄泉

単純硫黄泉(硫化水素型)

温度 高温泉 : 49度~ 79度
液性 中性
湧出量 1788.5リットル/分
浸透圧 低張性
源泉について 20か所

タグ

グループ

サイト内情報

閲覧回数 399回
宿の数 24件
登録宿の平均点 4.28pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 3,736件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

日光湯元温泉 宿情報

■スポンサードリンク