季粋の宿 紋屋(きすいのやど もんや)(千葉県)

■スポンサードリンク

全84件 1~15
  • 日本三大うちわの一つ、房州うちわの製作過程です。
    (あとの二つは、京うちわ・丸亀うちわ)

  • ひな祭りの後は、花まつり

  • そのお客様は、今回で4回目になるお客様でした。昨年は女友だち同士でお越しになりましたが、大変重いご病気で車椅子の生活。お友達は介護の仕事でもなさっているのか、とても甲斐甲斐しくお世話をしていました。なかなか旅行なんて出かけられないと思いますが、その日は皆さんとても楽しそうでした。コロコロと笑い声がずっと絶えませんでした。

    全身に力が入らない病気。想像もつきませんよね、健常者では。以前はお元気だったのに、いつからこんな病魔が襲うようになったのでしょう。どのようにご生活なさっているのか、どんなにかご苦労が多いでしょう!

    先日そのお客様がご主人と息子さんといらっしゃることがわかりました。旅行会社からの予約で、3.4階の部屋になっています。これはご無理でしょう。早速ご自宅へお電話をして、1階のお部屋に振り替えました。そして、お風呂のご案内、など色々お話させていただきました。

    そして当日、お越しになったそのお客様は、なんとお一人で歩いてお越しになられました。もうびっくり! たまたま、お薬が合って良くなられたのだそうです。それでも、体の多少の震えや変形などはあるようにお見受けしましたが、前回を思うと革新的な復調。良かった‼️と他人事ながら、嬉しく、胸がいっぱいになりました。

    ご主人様も、息子さんも嬉しそうで、心が温かくなりました。その息子さんは、今回大学に合格なさったのだそうです。

    アンケートには、まるでわたしの普段の生活を知っているかのような対応ぶりと、お礼の言葉が書いてありました。

    私も半分身体障害者みたいな身体ですが、気がつかない人も多分いると思います。今の病気ともう何年付き合っているのか、さまざまな苦労と悲しみを経て、今の生活をしています。その体験がお客様に活かせたのだと思います。

    良かったなあ。

    我が宿は、階段やバリアだらけの宿です。それでも、来てくださるお客様がいらっしゃる。すごく重いご病気でも。

    できれば、本当はバリアフリーの宿の方が楽でしょうし、快適だと思います。でも、喜んでくださるお客様のお顔を見ていて、私が生まれてきた理由は、これなのかなあと。だから、私自身も体がわるくなったのかなあと。自分だからこそ出来ること、増やしていきたいですね。そう思いました。 (女将・高尾葉子)

  • 先日休館の時に写した紋屋の隣のマンション前からの写真です。この時期は本当に空気が澄んでいて綺麗です。

  • 今の白浜です。今日はお日様燦々ですね。
    昨日のお客様で、ご結婚35周年で承っていたお客様がいらっしゃいました。

    いらしてみたら、それよりも奥様のご退職とか還暦を祝って欲しいとのこと。なので切り替えて還暦をメインにお祝いしました。お祝い状を読み進めて行くと、奥様はみるみる涙目になり、ご主人様も何やらウルウル。そうなるとこちらも胸いっぱい。長い間にはいろんなことがありますね。

    きっと様々なことが思い出されたのだと思いました。特に辛いことはなかなか忘れられませんから。

    こうしたお祝いに接するとき、いつも人としてお祝いをさせて頂くことの喜びと、だからこそ、決して外してはいけないという、緊張感とを味わいます。そして、お祝いはいいものだと改めて考えさせられました。皆様もどうぞご遠慮なくお祝いであることをこ申し出くたさいませ。

  • 昨年クリスマス頃の話。もう永年赤ちゃん宿をやっているので、赤ちゃんプランじゃなくても赤ちゃん連れでお客様がいらっしゃいます。ご到着が遅めだったそのお客様は、もう貸切のお風呂も家族風呂もいっぱいなので、少し困っていらっしやいました。

    仕方なく3ヶ月の赤ちゃんを連れて大風呂に行くと、赤ちゃんは泣いてしまいました。すると、周りにいたお母さんたちが代わる代わる赤ちゃんに声をかけてくれて、赤ちゃんは泣き止みました。その後は機嫌よくお風呂も入れて、食事処でもバウンサーをゆらして楽しそうに遊び、夜もぐっすり寝てくれました。
    私にとっては、初めての子連れ旅行がとっても感動的なものとなりました。

    というアンケートが残りました。それを読んだ私は、胸がいっぱいになりました。赤ちゃん宿を考えてよかったなあ。今まで積み上げてきて良かったなあと。

    普段から似たようなお話はお客様からよく聞きます。でも今回のお話は、その状況が眼に浮かぶようですよね。

    紋屋にはこうした温かいママ同士の出来事がよく報告されています。本当に素敵なお話をありがとうこざいました。(by okami)
    写真は、船橋のアイスチューリップ。

  • ロビーラウンジでのクリスマスミニコンサート。

  • 鋸南町は鋸山の南、南房総市の北側になります。

  • 大人の方だけでなく、赤ちゃんからもメッセージをいただきます (^o^)

■スポンサードリンク