草津温泉(くさつおんせん) (群馬県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


「泉質主義」日本三名泉のひとつである草津温泉

草津温泉(くさつおんせん)とは、群馬県吾妻郡草津町(旧国上野国)にある温泉のことである。林羅山の日本三名泉に数えられる。江戸時代の温泉番付では当時の最高位である東大関に格付けされた、日本を代表する名泉の一つである。
(参考:wiki)

日本有数の名湯として名高く、名物「湯畑」を中心に、様々なタイプの宿やみやげ物店が多数ある活気のある温泉地。殺菌力の強い源泉が町のあちこちから湧き出ていて、無料で湯めぐりができる。また町の外周は高原リゾートの雰囲気でおしゃれなカフェやペンション・ホテルも。
(参考:じゃらん)

草津温泉の情報

温泉名 草津温泉
くさつおんせん
泉質 含アルミニウム泉 含鉄泉 酸性泉

草津温泉の湯は基本的には酸性泉(酸性低張性高温泉)である。場所(源泉)によっては硫黄泉なども見受けられる。酸性が強くpHは2前後である。

温度 高温泉 : 45度~ 95度
温度44.9度(西の河原)~94.5度(万代)
液性 強酸性 酸性 : ph ~ 2.05
湧出量 約27,000 L/分
(最大時36,000 L/分超)
浸透圧 低張性
乳白色
源泉について 湯畑(ゆばたけ)
白旗(しらはた)
西の河原(さいのかわら、にしのかわら)
地蔵(じぞう)
煮川(にかわ)
万代鉱(ばんだいこう)

タグ

グループ

サイト内情報

閲覧回数 6142回
宿の数 63件
登録宿の平均点 4.09pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 17,025件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

ニュース

検索

草津温泉 宿情報

■スポンサードリンク