沓掛温泉(くつかけおんせん) (長野県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


旅館3件の小さな温泉地 沓掛温泉

日本秘湯を守る会「沓掛温泉 満山荘」

沓掛温泉(くつかけおんせん)は、長野県小県郡青木村(旧国信濃国)にある温泉。
夫神岳(おかみだけ)の西麓の標高670mの山あいの静かな環境の中、沓掛川右岸の坂を登った傍にある。
温泉地は小じんまりとしており、おもとや、かどや、かなふや(叶屋)の3軒の旅館がある。田山花袋が愛したことで知られる。
開湯は平安時代と言われる。国司として信濃に赴任していた滋野親王が、当地で眼病の湯治を行ったという。かつては多くの旅館が立ち並び、江戸時代はかなりにぎわったと伝えられるが現在は衰退している。昔、慈野親王が入湯した際、故郷である京都の小倉山に沓掛温泉の裏山が似ていることから「小倉乃湯」と名づけたと伝えられる。
(参考:wiki)

沓掛温泉の情報

温泉名 沓掛温泉
くつかけおんせん
泉質 硫黄泉

単純硫黄温泉

温度 温泉

タグ

サイト内情報

閲覧回数 597回
宿の数 1件
登録宿の平均点 4.60pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 29件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

沓掛温泉 宿情報

■スポンサードリンク