カルルス温泉(かるるすおんせん) (北海道 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


北海道で最初に指定された国民保養温泉地、湯量が豊富なカルルス温泉

カルルス温泉(カルルスおんせん)は、北海道登別市にある温泉。「登別カルルス温泉」とも言われる。「国民保養温泉地」に指定されており、「名湯百選」にも選定されている。

登別温泉の北西約8kmに位置し、来馬岳、オロフレ山の麓を流れる登別川沿いに数軒の旅館が存在する。

バスクリンが「日本の名湯・登別カルルス」という名称で入浴剤を販売している。入浴剤は乳白色だが、源泉の色は無色透明である。
(参考:wiki)

登別温泉の北西約8km、高い山々に三方を囲まれた狭い谷あいに温泉街はある。チェコスロバキアの有名な温泉「カルルスバード (現在カルロビ・バリ)」の泉質によく似ていることからこの名前が付いた。単純泉で肌触りが柔らかい、無色透明、無味無臭の湯だ。
(参考:じゃらん)

カルルス温泉の情報

温泉名 カルルス温泉
かるるすおんせん
泉質 単純温泉

単純温泉(低張性中性高温泉)

温度 高温泉
液性 中性
浸透圧 低張性

グループ

サイト内情報

閲覧回数 1204回
宿の数 4件
登録宿の平均点 4.01pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 398件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

カルルス温泉 宿情報

■スポンサードリンク