宮之城温泉(みやのじょうおんせん) (鹿児島県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


川内川中流域の田園地帯に開けた静かで落ち着いた温泉 宮之城温泉

開湯は江戸時代文政年間にまで遡る。古くは湯田温泉といわれた。昭和7年に現温泉名に改名。湯田の名称は現在でも共同浴場の名称に残る。

昭和44年6月、昭和46年8月、昭和47年7月豪雨など幾度も川内川の氾濫による被害を受けている。特に昭和47年7月6日の大水害では甚大で、事前の避難が完了していたため死者こそ出なかったが、温泉旅館数軒を含めた120戸が流出した。[1]。現在の地域は、その後の復興した姿である。
(参考:wiki)

昭和7年までは湯田温泉と呼ばれていたが、宮之城温泉に改名。川内川沿いに位置し、情緒たっぷりの旅館が9軒。また温泉地入り口にペット専用温泉もあるのもユニーク。湯量が豊富で、特に胃腸病リュウマチなどに効能があると言われる。
(参考:じゃらん)

宮之城温泉の情報

温泉名 宮之城温泉
みやのじょうおんせん
泉質 硫黄泉

単純硫黄泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)

温度 高温泉 : 46度~
液性 アルカリ性 強アルカリ性 : ph 8.90~
浸透圧 低張性

サイト内情報

閲覧回数 899回
宿の数 2件
登録宿の平均点 4.64pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 135件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

宮之城温泉 宿情報

■スポンサードリンク