志摩温泉郷(しまおんせんごう) (三重県 志摩温泉郷)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


三重県志摩半島にある温泉の総称 志摩温泉郷

「志摩温泉郷」という呼び名は、元々は志摩市内の温泉を宣伝するために設立されたPR団体の名称であったが、2006年秋にはPR団体は解散。現在この名称でPR活動を行う温泉はない。

志摩市内では志摩町を除き温泉が湧出しているが海辺での温泉採掘が多いため、シーサイドホテル鯨望荘の「くじらの湯」と、志摩スペイン村天然温泉「ひまわりの湯」(2施設ともアルカリ性単純泉)以外は全てナトリュウム泉であり、無色から鉄分による褐色を若干帯びた湯が多い。湧出した湯は、主にホテルや旅館で使われており、またほとんどの施設で宿泊客以外でも有料での温泉利用が可能である。

また、浜島温泉などは湯の販売も行っている。これにより、志摩市内では一般家庭でも入浴が可能であるが、ナトリウムの濃度が極めて高いため、薄めないと湯沸かし式の浴槽では湯沸かし器を傷める原因にもなる。
(参考:wiki)

志摩温泉郷の情報

温泉名 志摩温泉郷
しまおんせんごう
泉質

サイト内情報

閲覧回数 1929回
宿の数 0件
登録宿の平均点 0.00pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 0件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

志摩温泉郷 に属する温泉

■スポンサードリンク