笹戸温泉(ささどおんせん) (愛知県 )

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


矢作川上流の湖畔に湧き出している県下最古の温泉地 笹戸温泉

笹戸温泉(ささどおんせん)は、愛知県豊田市笹戸町にある山間部の温泉。小渡温泉などとともに奥矢作温泉郷と一括りにされることがあるが、その中枢を担う。

県下最古の湯を謳っているが、室町時代の開湯であり、1200年以上前から湧出していたと伝わる湯谷温泉、三谷温泉などと比較すると新しい。
(参考:wiki)

旭町の西部、矢作川上流の湖畔に湧く県下最古の温泉。笹戸温泉が発見されたのは室町時代といわれているので、その歴史は600年以上。奥矢作温泉郷の中では規模が一番大きく、川沿いに小さな温泉街が形成され、近郷の静養客で賑わっています。山里の旅情漂う温泉地で、どの宿でも川魚や山菜などの料理が楽しめます。
(参考:じゃらん)

笹戸温泉の情報

温泉名 笹戸温泉
ささどおんせん
泉質 単純温泉

単純温泉(低張性アルカリ性冷鉱泉)

温度 冷鉱泉 : 21度~ 24度
液性 アルカリ性
浸透圧 低張性
源泉について 笹戸温泉

タグ

サイト内情報

閲覧回数 751回
宿の数 2件
登録宿の平均点 3.85pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 260件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

笹戸温泉 宿情報

■スポンサードリンク