中山平温泉(なかやまだいらおんせん) (宮城県 鳴子温泉郷)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


のどかな山間にあり、大谷川に沿って湯けむりをあげる自然豊かな温泉地 様々な泉質が楽しめます

とろりとした肌ざわりの硫黄泉は“うなぎ湯”と呼ばれ、美肌の湯として人気です。
温泉郷の中でも最も湯量が豊富な温泉地です。(鳴子温泉郷観光協会公式サイトより)

日本国内にある11種の泉質のうち9種がここにあり、源泉数は370本以上ある。鳴子、東鳴子、川渡、中山平、鬼首の5つで構成されている温泉郷で全てのエリアを網羅した湯巡りチケットもある。昔から東北の湯治場としても有名で温泉の効能や泉質の良さには定評有り。春は新緑、秋は紅葉、冬はスキーも楽しめる。
(参考:じゃらん)

中山平温泉の情報

温泉名 中山平温泉
なかやまだいらおんせん
泉質 硫酸塩泉 硫黄泉 酸性泉

サイト内情報

閲覧回数 1178回
宿の数 8件
登録宿の平均点 4.31pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 625件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

中山平温泉 宿情報

■スポンサードリンク