鳴子温泉郷(なるこおんせんきょう) (宮城県 鳴子温泉郷)

大きな地図で見る

■スポンサードリンク


鳴子温泉郷は、鳴子温泉・東鳴子温泉・川渡温泉・中山平温泉・鬼首温泉の5つの温泉地の総称です

鳴子温泉郷(なるこおんせんきょう)は、宮城県大崎市(旧陸奥国、明治以降は陸前国)にある5つの温泉の総称(温泉郷)である。日本百名湯にも選ばれている。

鳴子温泉郷は、鳴子温泉、東鳴子温泉、川渡温泉、中山平温泉、鬼首温泉で構成される。鳴子・東鳴子・川渡・中山平の4温泉は、JR陸羽東線あるいは国道47号沿いにある。一方、鬼首温泉は他の4つとは離れ、鳴子ダム北側の鬼首カルデラに点在しているため、「鬼首温泉郷」と表記されることもある。

源泉数が370以上あり、郷内には旧泉質名11種類のうち、単純炭酸泉と放射能泉以外の9種類の泉質が存在する。

ともに陸羽東線・国道47号沿いにある鳴子温泉郷(宮城県)と最上温泉郷(山形県の赤倉温泉および瀬見温泉)では、共通の湯めぐりチケットが発行されており、県境を越えた湯巡りをすることが出来る。
(参考:wiki)

鳴子温泉郷の情報

温泉名 鳴子温泉郷
なるこおんせんきょう
泉質

グループ

サイト内情報

閲覧回数 1485回
宿の数 0件
登録宿の平均点 0.00pt
※楽天+じゃらんの平均
登録宿のコメント数 0件
※楽天+じゃらんの合計
その他

関連リンク

検索

鳴子温泉郷 に属する温泉

■スポンサードリンク